もしも賃貸物件で水道修理が必要なトラブルが起きたら

いま暮らしているところが賃貸だった場合、住んでいる場所は借りている部屋ですから万が一水のトラブルが起きたときどうしたらいいのか焦ってしまうでしょう。水道 修理が必要なのか、被害者にも加害者にもなりうる状況に陥った時の正しい対処の仕方を確認しておくことをおすすめします。

■水のトラブルの当事者になったら

もしも水トラブルの主が自分だった場合、家主や不動産屋さんに連絡を入れてください。水道修理のための修理屋さんへ連絡を入れてくれます。もしもその水トラブルが建物の老朽化などが原因だった場合は、その建物を管理する側に責任が生じるので、水道修理にかかった費用は管理する側が支払います。
もしも時間帯的に管理側に連絡が取れない場合、自ら直接水道修理屋さんに電話を入れて状況を説明しましょう。このとき、修理をしてもらったら必ずトラブルの原因がなんだったのか説明してある書類を受け取ってください。老朽化によるものなら管理側に料金の支払いを求めましょう。
そして忘れてならないのが電気のことです。水のトラブルが起きたら念のために電気会社にも連絡を入れましょう。水が漏れていることで漏電の可能性が考えられるからです。

■もしも被害者側になったら

自分の部屋ではなく隣や上の階で起きた水のトラブルが自分の部屋に広がっているのを発見したら、同じように家主さん、不動産屋さんに連絡をしてください。水のトラブルが起きている場所を管理側が調べてくれます。自分で水トラブルの相手を探そうとすると、お互いに話をしている間に話がうまくまとまらない可能性もでてくるので、必ず管理側へ連絡を入れてください。
もしも被害によって部屋に置いてあるものが壊れたなどの損害があった場合、トラブルを起こした主側に損害を受けた分のお金を請求することができます。このとき、直接相手と話してしまうとトラブルのもとになるので、必ず管理側を間に挟んで話をしていきましょう。
自分が被害を与える側になることも考えて、念のために個人賠償責任保険の加入を検討するといいかもしれません。自分の物は対象外ですが、被害を与えてしまった人の物に対して保証してくれる保険です。

■まとめ
水道 修理の場合、どのタイミングで自分が被害の主になるか被害を受ける側になるのか予測できません。万が一に備えて管理側の連絡先や水道業者の問い合わせ先などを確認しておきましょう。この機会に加入している保険の見直しを済ませておくこともおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ