蛇口がかたくなったら水道修理が必要か

水道修理を要する水回りのトラブルは色々あり、蛇口 交換が必要になるトラブルも珍しくありません。蛇口をひねれば水がでる当たり前の生活が、トラブルによって出来なくなれば途端に生活が不自由になってしまいます。蛇口のトラブルにはどんなタイプがあるのでしょうか。

■蛇口が回せなくて水が出ない

強くひねり過ぎたわけでもないのに蛇口がかたくて回らず水が出せなくなることがあります。原因によって修理をしたり部品を交換する必要もでてきます。原因として考えられるものに蛇口内部のグリス切れがあります。グリスが減ると蛇口はかたくなり、回しにくくなります。グリスとは部品の動きを滑らかにするもので、長い間使い続けるとグリスがなくなって蛇口の動きが鈍くなってしまいます。
グリスを付け足すことで解消されるものの、場合によっては部品の消耗が激しいと蛇口 交換が必要です。部品の交換は部品代だけで済むので安く改善することができますが、部品交換の知識や技術がなければ交換が難しいので専門業者に相談することをおすすめします。
また、水に含まれているミネラル成分が結晶になって、蛇口の中で固まっている可能性があります。定期的にキレイにする必要がありますが、蛇口の中の掃除は専門家でなければ難しいところです。そのほか、部品が酸化して錆びたことも蛇口をかたくする要因です。最近は錆びにくい素材が使われる場面が多いものの、長い間使い続けていると錆に強い素材でも蛇口の表面がさび付くことがあります。

■かたくなった蛇口を開ける方法

どうしても手で回せないと言う場合は、タオルのような柔らかい布を蛇口にかぶせて回してみてください。布を使うと力を入れたときの接地面が多くなることで、たくさんの力を与えることができます。しかし、この方法で一時的に蛇口があいたとしても、原因によって、またあかなくなる可能性があります。できるだけ早めに蛇口 交換や修理を依頼しましょう。
もしも同じようなトラブルが今後起こりにくくするために、レバーを上げ下げすることで水が出る蛇口に新しく変えてもいいかもしれません。この場合は蛇口の交換専門知識がないと難しいため、専門業者へ依頼しましょう。

■まとめ
蛇口のトラブルは水道修理が必要な場面が多いです。タオルなどの布を使って一時的にトラブルを解消したとしても、また同じトラブルが起こる可能性が高いので、蛇口がかたくて開かないトラブルに見舞われたら、できるだけ早めに専門業者に連絡を入れて蛇口の状態を見てもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ